注目の記事 PICK UP!

株価チャートってどんなもの?ローソク足と移動平均線などの種類と活用方法について解説

今の株価の動向を把握するのが「板」ならば、
ある一定期間の株価の動向を把握するためのツールが
「株価チャート」になります。
ここでは、株価チャートで使われる「ローソク足」について
解説し、株価チャートの種類についてもご紹介します。
また、平行移動線の種類と平行移動線の使い方も合わせて
解説いたします。

ローソク足ってなに?

株価の遷移を表す株価チャートはローソク足の
集合体になっています。
ここでは、「日足チャート」を例にして、
ローソク足の見方を解説いたします。
日足チャートとは、一日の株価の変動を
ローソク足一本として表した株価チャートです。

ザラ場の寄付の株価を「始値(はじめね)」と言います。
大引けの株価を「終値(おわりね)」と言います。
ザラ場中、一番高い株価を「高値(たかね)」と言い、
一番低い株価を「安値(やすね)」と言います。
ローソク足はこれらの情報が一目でわかる仕組みに
なっています。

始値より終値の株価が高いときのローソク足を
「陽線」と言い、中抜きの長方形で描かれます。
始値より終値の株価が低いときのローソク足を
「陰線」と言い、塗りつぶした長方形で描かれます。
または陽線と陰線は色を変えて表示することもあります。

陽線の場合、始値から安値までの線を
下ヒゲ(したひげ)」、終値から高値までの線を
上ヒゲ(うわひげ)」と言います。
陰線の場合、始値から高値までの線を上ヒゲ、
終値から安値までの線を下ヒゲと言います。

始値や終値がそれぞれ安値、高値と同じ値の場合、
ヒゲがない場合もあります。
始値と終値が同じ場合、十字線になります。
始値、終値、高値、低値がすべて同じ場合
一本の横棒になります。
約定が一つもない場合は、何も描かれません。

株価チャート種類はどんなものがあるの?

前章では日足チャートで説明しましたが、
他に一本のローソク足を一週間にした「週足チャート」、
一か月にした「月足チャート」、
年にした「年足チャート」などがあります。
また、一本のローソク足を分にした「分足チャート」
もあります。

週足チャートでは始値は週の最初の始値、
終値は週の最後の終値、高値、低値はその週の
一番高い株価と、一番低い株価の値になります。
月足チャート、年足チャートは、それぞれ週を、
月、年に読み替えてください。

分足チャートで、よく見るのが5分足チャートです。
設定で3分足チャートや1分足チャート、
10分足チャートなどに変更できる取引ツールもあります。

また、チャートは、ローソク足だけでなく、
「出来高」を同じ画面に表示して株の分析を
することがよくあります。

週足チャートで株価の大まかな動きを確認して、
日足チャートで細かい株価の動きを確認します。
さらに大きな動きを見極めたいときは、
より期間の長いチャートを使って確認したりします。
このようにチャートを使い分けます。

移動平均線ってなに?

株価チャートによく登場するのが、
「移動平均線」です。

一定期間の株価の平均を線で結んだモノを
移動平均線といいます。

移動平均線を算出するときは終値の株価で
計算します。
日足チャートでよく使われる移動平均線は
5日線(5日移動平均線)、25日線(25日移動平均線)、
75日線(75日移動平均線)
がよく使われます。

週足の場合13週(3か月)、26週(半年)、52週(1年)線が
使われることが多いです。
月足、年足の場合は、ツールなどによってバラバラです。
また分足は5本線、25本線がよく使われています。

移動平均線はどう使うの?

移動平均線は株価の動向を捉えるのに使われます。
例えば、日足チャートの場合、
5日線が上向き(右肩上がり)だと、
その銘柄の株価は短期的に上がっている、
下向き(右肩下がり)だと、その銘柄の株価は
短期的に下がっていると判断します。
同じように、25日線は中期、75日線は長期の
株価の動向を判断するのに使います。

また、日足チャートでは、それぞれの移動平均線が
クロスしたとき、短い期間のものが長い期間の
移動平均線下から上に抜けると「ゴールデンクロス」と言い、
その後株価が上がりやすいと言われます。
同じく、上から下に抜けると「デットクロス」と言い、
その後株価が下がりやすいと言われたりします。

その他の使い方としては、日足チャートの
5日線や、25日線は、75日線の値が、
株価の底になったり天井になったりすることが
多く見られます。
また、これらの線を株価が抜けると、
勢いがついて株価が上がる(下がる)こともあります。

日足チャート以外の分足チャート、週足チャート、
月足チャートなどの平均移動線は、株価の動向をみるときには
使いますが、ゴールデンクロスやデッドクロスと
表現するのは余り耳にしません。

これらの平均移動線がクロスしたときに、
株価にどのような影響を与えているかを
観察してみると面白いかもしれません。


関連記事

  1. 株初心者が証券会社を選ぶ際に見るべきポイントは?倒産しても安心と言える理由を解説

  2. 日経平均先物とは?初心者にもわかりやすく解説

  3. 株の指値・成行・逆指値の意味と違いは?注文時のメリット・デメリットを解説!

  4. PERとPBRとは何か意味を解説!割安株の目安をまとめてみた

  5. 株の現引き・現渡しとはなにかわかりやすく解説!手数料とメリットについて!

  6. 株初心者が失敗しない銘柄の選び方は?株価を動かす要因を簡単にまとめてみた

  7. 株取引の板の見方について解説!成行やOVERの確認方法と注意点についても

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

About “yukichi-hundred”

こんにちは。yukichi-hundredです。

ブログにお越し頂きありがとうございます。


日本株トレード歴は約20年です。

直近5年の成績は月利12% aveです。

※複利だと半年で資金が倍になります。


取引スタイルはスイングトレードとなります。

毎月『安定的に利益を上げる』為の

ノウハウを公開していきます。

どうぞよろしくお願いします。

◆Twitterでも銘柄配信してます◆

PAGE TOP