注目の記事 PICK UP!

【2019年6月3〜7日】日経や世界の株式市場の相場まとめ

【日経週間展望】

おはようございます。

 

週末のニューヨーク市場は米国によるメキシコへの追加関税表明を受け、貿易摩擦激化が懸念され反落しました。

 

https://jp.reuters.com/article/usa-trade-mexico-wrapup-idJPKCN1T12JD

◇今週の主要イベント

3日㈪
米国ISM製造業景気指数

 

4日㈫
米国製造業受注

 

5日㈬
米国ADP雇用報告
米国ISM非製造業景気指数

 

6日㈭
ECB理事会
米国貿易収支

 

7日㈮
米国雇用統計

 

 

 

米中貿易摩擦が激化し、景気後退懸念が加速し、リスク回避で米国10年債利回りが2.1%台まで急落する状態で雇用統計ウィークを迎えます。

 

月曜日のISM製造業景気指数から金曜日の雇用統計まで目が離せません。

 

 

 

◇主要指標のテクニカル

日経は21000円の心理的な節目を割り込み、日経先物は20500円を割り込み引けています。

 

下値目処は昨年2月の安値20300円や大台20000円の水準が意識されます。

 

ダウも大台25000ドルの節目を割り込んできました。

 

昨年何度も下げ止まりを見せた24000ドル水準は下値目処として強く意識されます。

上海市場は直近の安値を下回らずに先週は終わりました。

 

しかし、まだ需給環境は良化しておらず、下値不安は継続している可能性があります。

 

 

◇まとめ

米中貿易摩擦は日激化し、景気後退懸念は日に日に増してきました。

 

ドル円が110円台を回復せず、109円台をも割り込み下落に加速が掛かっております。

 

米中貿易摩擦に解決の糸口はまだまだ見えず、市場心理もかなり冷え込んできました。

 

しかし今週注目の経済指標に関しては月曜日のISMは既に市場予想は低く、雇用統計に関しても直近の雇用系の指標は悪くないため、それ程、悪い数値ではない可能性があります。

 

米中貿易摩擦の行方に関しては、両者とも引けない立場にありますが、株価が暴落することは両者とも望んでおりません。

 

特にトランプは二期目の大統領選を控えて、株価が暴落することは大きなダメージとなります。

 

また以前から配信してる通り、昨年末の暴落からの反発のキッカケは、トランプの指示により、年金に巨額の買い支えをさせた訳です。

 

ダウ安値は21712ドルまで下落しましたが、当時より貿易摩擦が激化してるとはいえ、年末の休暇を控えた時期であり、オーバーシュートであった可能性は高いとみます。

 

米中貿易摩擦が直ぐに解決する可能性は低いかもしれませんが、リーマンショックの様な長期に渡る暴落相場になる可能性は低いと見ています。

 

テクニカル的な強い節目でもある、日経20000円、ダウ24000ドルは抵抗を見せる可能性があると見ています。

 

よって今週の日経は経済指標や直近下落の反動で戻りを試す可能性はありますが、まだ完全に売り一巡してリバウンド展開に変わる可能性は低いと見ています。

 

しかし、週末の下落は米中ではなく対メキシコであること、また上記の経緯からも下値は買い下がり戦略を継続し、一時的なリバウンド場面があれば、回転して平均コストを下げたいと思っております。

 

日経予想レンジ
20000〜20800円


関連記事

  1. 【2019年5月9日】日経や世界の株式市場の相場まとめ

  2. 【2019年6月19日】日経や世界の株式市場の相場まとめ

  3. 【2019年4月30日】日経や世界の株式市場の相場まとめ

  4. 【2019年6月10日】日経や世界の株式市場の相場まとめ

  5. 【2019年5月29】日経や世界の株式市場の相場まとめ

  6. 【2019年5月22日】日経や世界の株式市場の相場まとめ

  7. 【2019年6月18日】日経や世界の株式市場の相場まとめ

  8. 【2019年6月24日】日経や世界の株式市場の相場まとめ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

About “yukichi-hundred”

こんにちは。yukichi-hundredです。

ブログにお越し頂きありがとうございます。


日本株トレード歴は約20年です。

直近5年の成績は月利12% aveです。

※複利だと半年で資金が倍になります。


取引スタイルはスイングトレードとなります。

毎月『安定的に利益を上げる』為の

ノウハウを公開していきます。

どうぞよろしくお願いします。

◆Twitterでも銘柄配信してます◆

PAGE TOP