注目の記事 PICK UP!

【2019年4月22〜26日】日経や世界の株式市場の相場まとめ

おはようございます。

 

週末の欧米市場はグッドフライデーで休場でした。

 

 

 

◇主要指標

ダウ
休場

 

ナスダック
休場

 

ドル円
111.9円台

 

米国10年債利回り
休場

 

WTI原油
休場

 

日経平均 22200円
日経先物 22190円
CME日経  休場

 

 

 

◇今週の主要イベント

22日㈪
米国中国住宅販売件数

 

23日㈫
米国新築住宅販売件数

□米国決算発表
ツイッター
P&G
ユナイテッドテクノロジーズ

 

24日㈬
日銀金融政策決定会合(25日まで)

□米国決算発表
フェイスブック
ボーイング
キャタピラー
AT&T
マイクロソフト

 

25日㈭
米国耐久財受注

□米国決算発表
アマゾン
インテル
3M

 

26日㈮
日本完全失業率
日本有効求人倍率
日本鉱工業生産指数
米国GDP

麻生大臣とムニューシン米国財務長官がワシントンで会談(27日まで)

日米首脳会談実施見通しを発表予定

□米国決算発表
エクソンモービル
シェブロン

 

 

 

先週に引き続き今週も経済指標よりも米国決算発表に焦点が集まる一週間だと思われます。

 

特に水曜日はハイテク企業から製造業まで数多くの企業の決算発表があり注目の一日となります。

 

日銀金融政策決定会合については現状維持で無風通過がメインシナリオとなります。

 

 

 

◇主要指標のテクニカル

日経は先週、上値抵抗ラインとなっていた22000円の心理的な節目と緑の200日移動平均線を超えてきました。

 

出来高が減少傾向のため、一気の上値追いは難しいかもしれないが、リバウンド基調は継続中とみます。

ダウは過熱感がなく緩やかなリバウンド基調が継続中で、史上最高値を目指す展開が想定されます。

上海市場も堅調なリバウンド基調が継続中とみます。

 

 

 

 

◇まとめ

今週も先週に引き続き、堅調な米国決算発表に焦点が集まります。

 

トランプ発言による突発的なリスクはあるが、米中貿易協議進展期待は株価の下支え要因とみます。

 

テクニカル的にも日米中そろって堅調であります。

 

しかし、国内要因としては4月期初の特需は減退して、今週末から遂に10連休がスタートするため株価の重石になります。

 

よって今週も売り買い交錯持ち合い展開がメインシナリオですが、先週より更に売り需給が強くなることが予想されます。

 

日経予想レンジ
21800〜22500円


関連記事

  1. 【2019年6月25日】日経や世界の株式市場の相場まとめ

  2. 【2019年5月9日】日経や世界の株式市場の相場まとめ

  3. 【2019年5月28】日経や世界の株式市場の相場まとめ

  4. 【2019年5月22日】日経や世界の株式市場の相場まとめ

  5. 【2019年5月23日】日経や世界の株式市場の相場まとめ

  6. 【2019年4月22日】日経や世界の株式市場の相場まとめ

  7. 【2019年4月17日】日経や世界の株式市場の相場まとめ

  8. 【2019年5月2日】日経や世界の株式市場の相場まとめ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

About “yukichi-hundred”

こんにちは。yukichi-hundredです。

ブログにお越し頂きありがとうございます。


日本株トレード歴は約20年です。

直近5年の成績は月利12% aveです。

※複利だと半年で資金が倍になります。


取引スタイルはスイングトレードとなります。

毎月『安定的に利益を上げる』為の

ノウハウを公開していきます。

どうぞよろしくお願いします。

◆Twitterでも銘柄配信してます◆

PAGE TOP