注目の記事 PICK UP!

【2019年版最新】格安シムの価格や電波を比較した結果1番ベストな業者はこちら!

どうもYukichi-hundredです。

今回は格安シムを使ってみたいけど、お悩みの方へ真実を解説させて頂きます。

格安シムとは何か?大手キャリアとの違いは!

 

格安シムと聞くと名前の通り「安かろう」というイメージで大手キャリアと比べて通信速度が遅かったり、電波が届くエリアが狭いのではないか、という懸念があると思います。

ではdocomo、au、ソフトバンクの大手3社と格安シムは何が違うのでしょうか?

大手三社は自社で電波塔などの設備をして電波を発信しています。

2015年に電波法が改正され、大手三社から、その電波をレンタルできるようになりました。

これをキッカケに格安シム事業者は自社で電波塔などの高額な設備をしなくても、低価格でスマホを使用できるようにすることを可能にしました。

 

現在、大手3社のスマホを使用してる方は電話番号を変えずに、番号をそのまま使用することができます。

一部2015年以前の機種を除き、今お使いのスマホをそのまま使用することができます。

上記の大手3社から電波をレンタルしてるため電波のクオリティーは変わりません。

また大手3社では2年縛りで契約させて、解約し難い状態にさせますが、格安シム業者では殆どありません。

新しいモノは世の中の多くの人に普及されるまでは、理由はなんであれ、みんな怖いんです。

例えば最近の例で上げるなら、スマホ自体がそうではないでしょうか?

私自身がアナログ人間のため、スマホを使用するようになったのが、ここ数年で最初はスマホを敬遠していました。

しかし今では皆様もご存知の通りスマホはなくてはならない存在です。

格安シムもスマホ同様の普及率になるとは言いませんが、スマホの使用料金値下げは国策であり、時間が経過すれば確実に普及率は上がります。

イメージだけでは真実が分からないことは世の中には沢山あります。

ガラケー なくなるのはいつ?

 

ガラケーは2020年以降には3G回線が廃止され、なくなる方向にあります。

現在はまだ約7300万台のガラケーユーザーがいます。

その方々は数年後には嫌でもスマホを使わざる得なくなります。

また、その方々はガラケーに通信費の価格帯が近い格安シムに流れる可能性があります。

https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ21H8H_T20C15A4MM8000/

 

5G回線対応済みの格安スマホとは?

 

上記でも説明させて頂いた通り、当社の格安シムはドコモが設備した電波をレンタルして皆様に発信してスマホが使える状況になってます。

4/10の時点では、まだ実験的な5G回線の割当が開始されるだけでキャリアユーザーの方々に発信されるわけではありません。

まずドコモが5G回線の設備を整えて、その後にキャリアユーザーへ5G回線が発信されます。

この後は、まだ断言はできませんが、当社のシムはドコモの電波をレンタルしてるため、キャリアユーザーへの5G回線発信と同時に当社も対応になるか?

または1ヶ月程度遅れて、そうなるか?

という流れになります。

イメージ的には3G回線から今、主流の4G回線に切り変わった時と何ら変わりはありません。

ガラケーからスマホさえ買えば4G回線に対応することができた訳です。

5Gは、主に通信速度/遅延時間が変わります。

それを実現するためには、より高い周波数帯で通信をする必要があります。

いわゆる端末が対応する「バンド帯」です。

現在は700Mhz〜3.5Ghzを使って通信していますが、5Gではもっと高い周波数を扱うことが予定されています。

4->5Gへ回線が切り変わった時に、既存のスマホでも現在の4Gの通信速度で使用することはできます。

しかしスマホ自体のスペックが高くないと5Gの高速通信で使用することはできない、ということになります。

5Gの通信速度の恩恵を受けるためには5Gの通信帯域に対応したスマホを購入する必要があります。

当社のシム自体は既に「5Gに対応」しています!

今回は既存のスマホでも4G回線の通信速度で使用することはできますが、5G回線の通信速度に対応するためは、この速度に対応したスマホを買い換えるだけです。

現在皆様がスマホで使用されてる回線は4Gですが、近い将来は5Gが主流となり、総務省では下記のイメージ動画をYouTubeにアップしています。

 

スマホ使用料金の値下げは国策であり格安シム普及への流れです。

 

私は株取引の仕事をメインで、やらせて頂いております。

楽天が自社設備を持つ大手4社目になることを発表した時、4社の株価は全て下落しました。

これはどういうことかと言うと、競争が激化して客の奪い合いになる。

また格安シムに流れる方々が増えるため、大手4社の需要が減るという流れになる訳です。

株式市場には「国策に逆らうな」という格言があり、この流れに逆らって株取引をすると良いことはない、という意味になります。

下記の記事からも当案件が国策であることは十分に理解して頂けると思います。

https://www.jiji.com/sp/article?k=2019022501163&g=eco

 

国策には逆らうな

オススメ格安シムのメリットは節約と5G対応済みです。

 

格安シム事業者は2019年現在22社ありますが、最後に私がオススメする事業者をお知らせします。

ズバリ、ペンギンモバイルです!

まずdocomoの電波の使用してることです。

 

docomoはau、ソフトバンクと比べて圧倒的に電波塔の数が多いです。

ペンギンモバイルなら、上記2社では電波が届かない地域でも使用可能です。

例えば鹿児島県種子島では現在上記2社の電波は届きませんが、ペンギンモバイルなら使用可能です!

日本国民の平均月額使用料金は約10000円です。

 

大手3社の基本料金は約7000円程度で5G契約となります。

ペンギンモバイルなら、基本料金1980円で大手3社のギガ数を上回る6G契約となります。

あまりネット使用せず、ギガ数を使わないに方には3.6Gで1600円のプランもあります。

通話をよく使う方には、かけ放題プランもあります。

かけ放題プランは15分1250円と業界最長30分1980円のプランがあります。

 

最近では産経新聞、時事通信、名駅経済新聞など実績のある様々なメディアで取り上げられて、信頼性が急上昇中です。

既に「5G回線にも対応済み」です!

信頼のおけるペンギンモバイルなら、ライトなユーザーからヘビーユーザーまで、イチオシの格安シムとなっております。

 

友だち追加


関連記事

  1. 【2019年の最新アフィリ情報】どのASPも取り扱っていない最強アフィリエイトはコレ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

About “yukichi-hundred”

こんにちは。yukichi-hundredです。

ブログにお越し頂きありがとうございます。


日本株トレード歴は約20年です。

直近5年の成績は月利12% aveです。

※複利だと半年で資金が倍になります。


取引スタイルはスイングトレードとなります。

毎月『安定的に利益を上げる』為の

ノウハウを公開していきます。

どうぞよろしくお願いします。

◆Twitterでも銘柄配信してます◆

PAGE TOP