注目の記事 PICK UP!

株の現引き・現渡しとはなにかわかりやすく解説!手数料とメリットについて!

株式の取引で必ず発生する売買手数料。。。
取引回数が増えると、この手数料の金額も無視で着なくなります。

その際、「現引き」、「現渡し」という決済テクニックを使えば、
その売買手数料を節約できることをご存知でしょうか?

 

現引き・現渡しって何??

現物取引ではなく、信用取引で株を買う場合、
証券会社からお金を借り、そのお金で株を購入します。
その株を決済する際、信用取引で購入した株を売却し、
そこで得たお金を証券会社に返済します。

一方、株を空売りする場合、証券会社から株を借り、
市場で売却する。

決済をする際は、株を市場から買い戻しをし、
株を証券会社に返済します。

株の信用取引での売買は、上記が主ですが。
それ以外に「現引き」及び「現渡し」があります。

現引きとは、信用取引で購入した株の買い付け代金を
証券会社に別途支払う
ということで、

信用取引で購入した株を現物として保有することです。

(例) 信用取引:100万円(1,000円/株、1,000株)でABC社の株を購入し、現引き決済

現渡しとは、信用取引の空売りをしている際に、
保有する現物株を証券会社に渡す。
ということで、
現渡しした株は口座から消え、空売りした際の代金が口座に入金されます。

 

(例) 信用取引:100万円(1,000円/株、1,000株)分のEFG社の株を空売りしていた場合

一般的な手数料はどのくらい?

現引き・現渡しの場合、手数料は発生しません

現引き・現渡し時に

・新規建時の手数料
・日々発生している金利・信用取引貸株料などの諸経費

をあわせて精算します。

現引き時には諸経費を加算し、現渡時には諸経費を差引きます。

現引き・現渡しのメリット

それでは、現引き・現渡しのメリットは何でしょうか?

それは一般的な手数料よりも安い手数料で現物株を保有できることです。

一般的に信用取引の手数料は、現物取引の手数料は安いです。

現引き・現渡しの手数料は無料ですので、
決済時に「信用取引」+「現引き」 or 「現渡し」
で現物株の購入もしくは保有株の売却をすることが出来ます。

下が楽天証券の手数料になります。

仮に200万円の売買を10回行った場合、現物取引であれば. . .

   525円/回 × 10回 = 5,250円   の手数料がかかりますが、

現引き・現渡しの場合、信用取引の手数料で売買出来ますので、

   378円/回 × 10回 = 3,780円  の手数料で売買が可能です。

普通に取引するよりも1,470円安く売買が出来ます。

手数料自体は大きな金額ではないですが、金額・取引回数を重ねると大きく差が表れてきます。
差損とは異なり、手数料は必ず発生するコストなので、
出来るだけ抑えることで、効率の良い運用をすることが重要です。


関連記事

  1. 株の指値・成行・逆指値の意味と違いは?注文時のメリット・デメリットを解説!

  2. 株価チャートってどんなもの?ローソク足と移動平均線などの種類と活用方法について解説

  3. 株初心者が失敗しない銘柄の選び方は?株価を動かす要因を簡単にまとめてみた

  4. PERとPBRとは何か意味を解説!割安株の目安をまとめてみた

  5. 日経平均先物とは?初心者にもわかりやすく解説

  6. 株初心者が証券会社を選ぶ際に見るべきポイントは?倒産しても安心と言える理由を解説

  7. 株取引の板の見方について解説!成行やOVERの確認方法と注意点についても

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

About “yukichi-hundred”

こんにちは。yukichi-hundredです。

ブログにお越し頂きありがとうございます。


日本株トレード歴は約20年です。

直近5年の成績は月利12% aveです。

※複利だと半年で資金が倍になります。


取引スタイルはスイングトレードとなります。

毎月『安定的に利益を上げる』為の

ノウハウを公開していきます。

どうぞよろしくお願いします。

◆Twitterでも銘柄配信してます◆

PAGE TOP